相続税はいくら?税理士が教える相続税の計算方法!

正味の遺産額の計算方法

相続税は、その死亡した方の死亡を知った日から10月以内に、国に申告及び納付を行う事を義務付けられている税金です。
この相続税の納付は、特例等は存在しますが、基本的に一括での納付が原則です。
相続税の計算のベースとなる課税対象財産は、現金預金、有価証券、土地・建物等財産的価値を有する物ほほ全てが課税対象財産となりますが、土地の価格算定方法等は、時価ではなく、国が定めた計算方法により計算を行います。
仏具。墓石等の財産は、財産的価値は有しているものの課税対象にするのにはふさわしくない、という見地から課税対象からは除外されます。
この課税対象財産から葬式費用、借入金等の負債を控除した金額が、「正味の遺産額」となるのです。

相続税の算出方法を紹介します

次に、この正味の遺産額から、法律で定められた「基礎控除額」というものを減算します。
この基礎控除額は、3000万円をベースとし、そこに更に法定相続人の人数に600万円を乗算したものを加算した金額を指します。
法定相続人とは、その死亡した者から、財産を承継する事となる総人数の事を指し、もし法定相続人が5人である場合なら、3000万円+5人×600万円=6000万円が、基礎控除額となるのです。
ここでもし正味の遺産額が、基礎控除額を下回る場合には相続税は発生しませんが、上回る場合には、その基礎控除額を引いた金額から遺言書等で定められた割合か、法定相続分で按分された各相続人の継承額に応じた税率を乗算して計算を行います。
その計算により導き出された金額が、その相続人が支払うべき相続税となります。

© Copyright Management Primarily. All Rights Reserved.