相続税の節税方法は税理士に相談しよう!

相続税を節税する様々な方法

相続税は適切に対処することで払い過ぎを防ぎ節税することが可能です。節税の方法には様々なものがあります。例えば生前に財産を贈与する方法があります。贈与税は年間110万円まで基礎控除の対象とされているため、その額を超えなければ課税されることはありません。毎年110万円以内で相続人となる配偶者や子供たちへ贈与を行うことで贈与税も相続税も節税することができます。また不動産を購入するという方法もあります。不動産は税法上の評価額が現金より低いため節税に効果的です。さらに婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用不動産かその購入資金を贈与した場合には、基礎控除の110万円の他にも2000万円まで控除を受けることができます。その他にも墓石や仏壇などの非課税財産を購入するという方法も存在します。

合理的な相続税対策とは

相続税が高額になるような場合には、生前から準備をしておく必要があります。生前の基礎控除範囲内での贈与や税法上より評価額の低い財産に変えるなどの対策も有効ですが、遺言書を作成して誰に何をどのように相続させるのかを前もって決めておくことも重要です。そのメリットは遺産分割の際の相続人間の争いを未然に防ぐことができるだけではありません。相続税法には様々な控除制度が存在し、税法上有利となる分割方法を事前に準備することができます。例えば配偶者の税額軽減では相続額が1億6千万円まで、または1億6千万円を超えても法定相続分までは非課税です。遺産分割の方法によっては支払う相続税額に大きな違いが出てきます
多額の相続税が発生する可能性がある場合には、合理的な相続税対策により節税することが可能です。相続税の申告の際に限らず、生前から相続税対策を行う場合にも相続専門の税理士に相談するのが合理的な方法です。

© Copyright Management Primarily. All Rights Reserved.